かわちあやかお知らせ          

 

 

 

      

鬼まんじゅう の補足   2020.01.10

 

『秋』のレシピのうちの 鬼まんじゅうですが、 ひとつ文加えたらよかった!というか、足りていなかったと思っておりますのが、

 

最初角切りにしたさつま芋を、『水にさらして』から、砂糖と合わせる、です。

さつま芋を切ったら変色しづらくするために水にさらす、という私にとっては慣れていた一連の動作、抜けてしまっていましたね。。書くべきでした。水に数分さらして、ザルにあげたものに、砂糖と塩をまぶします。

 

水分的にも、切ったものに砂糖をあわせるだけだと、水分が出にくくて、最終的にまとまりづらいかと思います。 (すでにまとまらなかった方、申し訳ありません。)

 

また、水にさらしていただいたものでも、芋の水分量や粉の吸水率にもよりますし、最終的にまとまりづらかったら少ーしずつ水を足してくださいませ。

 

 

さて、このWEBでは、本の中身の付けたしや、補足等も気づいたら書いていきます。

本ってウェブと違い一度出したら直せないという所には制作時からとても重圧を感じていました。間違いはもちろん、甘さ加減、この本でどの程度細かく書くかという判断、それらは私一人でやっていたので、ずいぶん神経を使いました。(それでも間違いありましたが、)このグラムの甘さがいい、という加減など、今後の過程で変わったりするのでは、ということを心配しつつも、しかし年を重ねていくうえでそれもまた自然だと思ったり。

本は加筆できませんので、この本を作ったその続きも発信し続けることも、仕事のひとつと思っています。

 

大きな間違いという所では、正誤表の1点のみかとは願いますが、やはり形にしてみて色々気づくことは、ありますねーー(言い訳)。この本はこの時の自分として凍結した上で、今後の自分の変化も肯定できるように、気づいたことやこんなやり方もありというのも、このHPで引き続き発信していけたらと思っています。

 

できたて、あついあつい

 

  ← 「おやつとスプーン」 トップに戻る


 
 
 

 

森岡さんとのトークイベントA  

 

 

 

  アイスクリームはもっと簡単にも

 

 

 

  鬼まんじゅう・補足

 

 

 

  登場するうつわ

  

 

 

 

 

 

    


 

このページは2019年12月11日、発売日に立ち上げました。

いつも頼っている素材のことや、アレンジレシピ、

先日のトークイベントのこと、自分にとってのおやつのこと、

これから次の1年をかけて、またここに書いていく予定です。

 

 

        


 

    カワチアヤカ日記    川地あやか   おといあわせ

 

カワチ製菓トップページ